自宅の屋根の形状や耐久性、日当たりなどを調査

自宅の屋根の形状や耐久性、日当たりなどを調査


自宅の屋根の形状や耐久性、日当たりなどを調査
もしこれからお子様が成長していく年代である場合におきましては、消費電力というのはさらに増えていくこととなります。
このことから予め発電量の多い太陽光発電システムを設置しておいた方が賢い選択となることでしょう。 停電が心配される現在、電力会社から電気を買うことなく自家発電をして電力供給するのが最も賢い方法です。
自家発電の筆頭的な存在である太陽光発電を設置することで停電対策だけでなく節電対策にもなるのです。
太陽光発電システムを選ぶ際に大切となってくるのが、年間使用電力の変化、そして家族構成の変化などといった判断は必ずしておく必要があります。
消費電力が比較的少ない家庭の場合でしたら、搭載するシステムは一般的なタイプよりも発電量の少ないものでも問題ありません。

ご自宅の屋根の形状、また耐久性や日当たりなどといったことを事前に調査をしておく必要があります。
太陽光発電の運転音は騒音とまではいきませんが、人によりましては気になることもあるので設置場所も検討をしておくようにしてください。




自宅の屋根の形状や耐久性、日当たりなどを調査ブログ:09 8 20

日本に比べると
スロベニアという国には肥満の人が多いです。

おれは一度だけ旅行でスロベニアに行った事があるのですが、
何に驚いたかというとスロベニア人の身体の大きさに
度肝を抜かれました。

なぜここまで国によって違うのか…
おれなりに考えました。

日本という国は小さいので、当然住む家は小さいです。
神戸や神戸など主要な都市では、庭がない家は当たり前ですし、
一人暮らしではワンルームの部屋で生活する方も多いですよね。

おれも独身の時には
10年ほどワンルームマンションで生活していたのですが、
食生活に欠かせない食べ物を保存する冷蔵庫は、
それはそれは小さな冷蔵庫でした。

買いだめなどできるわけもなく、
ひと月の半分以上はお買い物に行き、
ふつかで食べられる分ぐらいを買っていたものです。

それに比べてスロベニアは大きい。
道路も大きいし、車も大きい。
大きな家を建てても、まだまだ土地が余っている状態です。

その大きな家には、大きな家具があり、大きな家電製品があります。
とにかく何もかもがスケールが日本とは違うんです。

当然、食料を保管する冷蔵庫も大きいです。
大きな冷蔵庫があると、ついつい買いだめしてしまいます。
安い特売があったら、買いだめしたほうが賢いやり方ですもんね!

またスロベニアの大きな冷蔵庫に入るように作られているのか、
食料も日本に比べると大きなものが多いです。

牛乳やパンなど普段よく消費するものは大きいし、野菜も多い。
それらが全て家庭の冷蔵庫に保管されて、
消費されていくわけですから肥満になる人が
日本に比べて多いのは、当然なのかもしれませんね!

―地球滅亡まであと427日―
自宅の屋根の形状や耐久性、日当たりなどを調査

自宅の屋根の形状や耐久性、日当たりなどを調査

★メニュー

節電効果のある太陽光発電
地球規模で環境問題に貢献できる
まだまだ問題点の多い太陽光発電
電池モジュールを搭載している太陽光発電
自宅の屋根の形状や耐久性、日当たりなどを調査
注意をしておきたい太陽光発電業者の特徴
太陽電池モジュールで太陽の光を受けて効率よく電気を作る
24時間安心の太陽光発電でもっと便利に
太陽光発電の装置は導入時の初期費用が高額
もっと太陽光発電について勉強しよう


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)太陽光発電導入検討ちゃんねる