まだまだ問題点の多い太陽光発電

まだまだ問題点の多い太陽光発電


まだまだ問題点の多い太陽光発電
太陽光発電というのは初期費用にまとまったお金が必要になるということも、設置を諦めてしまう大きな要因となっていることでしょう。
また日中作られた電気を貯めておくことが不可能なのが太陽光発電で非常に残念な特徴なのです。 太陽光発電と言いましても、様々なメーカーから発売されており、また販売代理店も数多くあります。
最近では人気の太陽光発電ということで悪徳行為をしている業者も多いのでご注意ください。
近年注目をされている太陽光発電は、正直な話しまだまだいくつかの問題点というものが存在しています。
日常に使用することとなるエネルギー源で大きな問題となるのが、悪天候や夜間におきましては太陽光発電は使用する事が出来ないことなのです。

太陽光発電というのは発電量が不足をしている時や夜間におきましては電力会社から電気を買う必要が出てきます。
設置をすることによって生じてしまうデメリットはこれから改善されていくことになるとは思いますが、現在におきましては地球環境を考えたエコの一貫として設置をすると良いでしょう。




まだまだ問題点の多い太陽光発電ブログ:24 2 20

2週間前はお酒を飲みましたか?今日も飲みますか?

「好きなんだから仕方がない」「仕事だから仕方がない」
その気持ちはわかるんですが…
だからといって、
健康を無視してしまっていいわけではありませんよね。

お酒に含まれるアルコール。
このアルコールが血液に溶け込んで肝臓に運ばれ、
そこで酵素によって、
アルコールを「アセトアルデヒド」という物質に変化させます。

このアセトアルデヒドは、悪酔いや二日酔いの原因となる有害物質。
頭がガンガンしたり、顔が赤くなったり、吐き気がするのはこのせい。
やがて、このアセトアルデヒドも肝細胞の中にある酵素によって、
無害なものへと分解され、最後にはからだの外へ出て行きます。

つまり、こうしてアルコールが完全に体のからだに排出されて初めて、
「からだからアルコールが抜けた」と言える状態になるわけですが、
それまでにかかかる時間、どれくらいかご存知ですか?

飲酒運転も厳しくなった今、
お酒を飲むなら知っておきたい基礎知識ですね。

だいたい成人男性で
1時間に8gくらいのアルコールが消失するそうです。
アルコールの含有量は、ビール大瓶1本で約22g。
つまり、ビール大瓶1本飲むと、
約3時間はアルコールは消失しないのです。

ちなみに、
ビール大瓶1本を他のお酒に置き換えると、
日本酒なら1合(180ml)になります。

また、お酒を飲むときは、
できる限り18時12:00までにすること。
それ以降に飲むと、
確実に翌朝までアルコールがからだの中に残ることになります。
12:00を過ぎたらお酒を控え、
内臓への心配りをしてあげて下さいね。

おしまい!!!
まだまだ問題点の多い太陽光発電

まだまだ問題点の多い太陽光発電

★メニュー

節電効果のある太陽光発電
地球規模で環境問題に貢献できる
まだまだ問題点の多い太陽光発電
電池モジュールを搭載している太陽光発電
自宅の屋根の形状や耐久性、日当たりなどを調査
注意をしておきたい太陽光発電業者の特徴
太陽電池モジュールで太陽の光を受けて効率よく電気を作る
24時間安心の太陽光発電でもっと便利に
太陽光発電の装置は導入時の初期費用が高額
もっと太陽光発電について勉強しよう


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)太陽光発電導入検討ちゃんねる